漢方とニキビ

副作用とニキビの関係

大人ニキビの対策にアジダームクリームが効果を発揮してくれますが、アレルギーがある人や敏感肌の人にはオススメできません。

 

むしろ副作用で、お肌がかぶれ、アレたり、痒みに悩まされてしまう恐れもあるために、症状を感じたら、一時停止して、病院の皮膚科の医師に相談すること。

 

 

そんなことで、アレルギーや敏感肌の人には漢方がオススメかもしれませんね。
っと、私は使ったことはないのですが、漢方でニキビやお肌対策を行っている人もたくさんいます。

 

大人ニキビの場合は、ホルモンバランスの乱れが多い。
年齢的には20代後半から30代にかけて、女性ホルモンが変動することで、皮脂量が関係し、どうしても大人ニキビが発症しやすくなる。

 

そのために、アジダームクリームなどの塗り薬では対処できないこともあります。
なかなか治らないということになるわけですね。

 

漢方にはホルモンバランスを整える免疫を高めるなど様々な作用があり、にきび治療にとても有用とされています。

 

例えば、大人ニキビにオススメな漢方が「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」。
大きく込みを持つ痛いニキビが顔全体に散らばってできる人に進められています。あとは、背中などにもできやすい場合にオススメ。

 

 

漢方は市販されているので、体質に合わせて自分で飲んでみてもいいかと思います。漢方の良い所は、副作用が少ない所。

 

ただし、副作用がないというわけではないために、心がけること。
服用してから、身体に合わないと副作用を起こすことも十分にあります。とくに、漢方を服用して起こりやすい副作用が胃腸障害、胃に持たれる、下痢などが発症するなど、薬を減らすか、変更すること。